総量規制にとって消費者金融規制緩和はどう影響がある?

消費者金融の規制緩和なかで注目されているのが、金利を元の水準に引き上げることと、総量規制を除外される業者を認可制にすると言う部分です。
総量規制とは、現在消費者金融にかけられている規制で、年収の1/3を超える融資をしてはいけないというものです。
もちろん、返済の大変さを考えると、年収300万円で100万円以上のローンを組んだとすると、18.
0%の金利で3年返済をするとして1ヶ月あたり36,152円の支払いになります。
総支払額で見ると30万円以上になっています。
今どうしても必要なお金というのはあると思うのですが、頭金程度の金額を貯金してから購入出来るものはその方が総支払い額がお得だと言うことです。
総量規制除外で、より低い金利への借り換えが容易になるのなら良いのですが、借入額ばかりが増えるのは避けなければいけません。
よくわかる総量規制ガイド