社会保険労務士試験について

社会保険労務士の業務は社会保険や労働保険の加入・脱退の手続き、保険給付に助成金請求の手続き、行政機関などに提出する事務手続きや書類の作成業務を行っています。
また就業規則の作成に労働者名簿の作成なども行っており、企業にとって欠かせない存在だと思います。
試験の出題科目も幅広く、労働基準に労働安全衛生法や雇用保険法に労働者災害補償保険法、健康保険法、厚生年金保険法など科目名を覚えるだけでも大変です。
合格のための勉強方法は、基礎をしっかりと理解することで応用問題も解けます。
試験に出題される内容は、7割ぐらいは基本知識の理解で大丈夫です。
あと重要なのは過去問です。
基礎だけを勉強するだけでは無理で、やはり過去問で多くの問題を繰り返し解くのが大切です。
なぜ間違ってるのか必ず確認することも重要です。
択一式の問題を解きながら選択式をイメージするのも良いです。
そして法律改正も頻繁に行われるので必ず把握しておいてください。
これらの勉強方法で私は社会保険労務士に合格しました。