夜勤専従を望む看護師の転職状況は?

例えば大きな病院で入院患者がいる看護師のシフトは、日勤帯と夜勤帯が必ずあります。
もちろん、午後から出勤して深夜に終るような準夜勤というシフトもありますが、大別すると昼間と夜中と言えます。
人間の身体は、基本的には夜には眠くなるようになっていますから、本来寝たいところを仕事をしなければならないというのは大きな負担となる場合があります。
しかし中には「日勤と夜勤や入り混じっているから大変。
夜勤をやるなら夜勤だけ専従でやっていれば良い。
」という考え方の看護師もいるようです。
特に、男性看護師はそう考える人もいるようです。
理由は、女性よりも体力もありますし、夜寝なくてもあまり美容的に問題がないですし、さらに子供がいる場合に夜中に居ない影響というのは男性よりも女性の方が大きい場合もある、ということが挙げられるようです。
ですから、夜勤専従で働ける環境に転職する場合があるのです。